肉体疲労が続いたら

看護師の職場で働いていると、しばしば苦労を感じることがあります。それは、人間関係と肉体疲労です。我慢して働いていると、ストレスが溜まった心身に悪影響を与えますから注意が必要です。看護師として、長く職場で働きたいと考えているならば、人間関係や肉体疲労の苦労を取り除くために、適切な対処を行いましょう。

最終的には転職も視野に入れて。
まず人間関係で辛いと感じている時は、思い切って同僚や上司に相談してみることをおすすめします。配置換えを実現できる可能性があるからです。また、シフトを考慮してもらえる場合もあります。それでも状況を改善できない時は、転職について考えてみましょう。なぜなら、看護師の求人は件数がとても多いからです。そのために、新しい職場では人間関係に悩まなくて済むように、少人数のクリニックなどを選べます。

肉体疲労を感じたときは・・・
さらに立ち仕事が多く、待合室や診察室を何度も往復することもありますから、肉体疲労を感じることがよくあります。疲れた時に休めないために、苦労と思うケースが多々あります。そのような場合には、速やかに肉体疲労を解消する方法が最適です。足の疲れを除去するストッキングやサンダル、シューズを利用するのはとても良い方法です。また、仕事が終わった後は、ゆっくり浴槽に浸かって体を温めましょう。全身の血行が促進されて、疲労回復が早くなります。入浴は肉体疲労の改善に有効な方法ですから、シャワーだけで済ませる習慣は改めるようにすべきです。

相談相手を見つけよう

女性看護師の仕事をしている方は、「人のためになる、仕事をしていきたい」と考え、看護師という道に進んだ方も多いと思います。看護師の仕事は、常に患者さんと接していく仕事となりますから「やりがいが大きい」と感じている方も多いでしょう。しかし、患者さんはそれぞれ、状態も異なれば、性格も違いますから「人間関係に悩んでいる」という方も多いのではないでしょうか。

看護の現場は付き合う人が多いものです。
看護師という仕事は、患者さんだけではなく、同じように病院で勤める看護師、医師など様々な専門職の方と接することになります。看護師は、まだまだ女性が多いですから、自然と女性が多い職場となっており、「同僚との人間関係が難しい」と感じている方もいれば、「上司との関係で悩んでいる」という方もいるでしょう。様々な患者さんもおり、難しい患者さんの担当となった時には、「患者さんとどう接したら良いのか分からない」と戸惑うこともあるでしょう。看護師という仕事は、多くの人と接する仕事故に、人間関係に苦労を感じている方も多いはず。また、男性スタッフが多い職場で働いている方の中には、「男性スタッフから、セクハラを受けている」といった人間関係に関する悩みを抱えている方もいるでしょう。

誰かに話すだけでも楽になることがあります。
これらの人間関係の苦労を少しでも減らすためには、相談出来る相手を見つけること。溜めこまずに吐き出すようにしましょう。このように、女性看護師の仕事は人と接する仕事柄、どうしても人間関係に関する苦労を抱えている方が多くなります。「どうしても辛い」「我慢出来ない」という時には、同僚や上司に相談したり、転職を考えたりするのも良いかもしれませんね。