先輩に好かれるには

医療現場は多くの場合スピードを重視されるものです。緊急治療の現場だけでなく内科にも状態が不穏な患者さんが訪れる場合がありますので、看護師はスピーディーに状況を処理する必要があるのです。職場に入ったばかりの頃であれば対処に戸惑って初手が遅れてしまうものですが、反射神経は慣れによって養われるものです。

まずは、ミスを繰り返さないような方法を考えておくようにしましょう。
もしも自己判断によって初手を選択できない場合、看護師にとって重要になるのは先輩からのアドバイスです。患者さんの命を守る現場では特にチームワークが重視されますから、就職したばかりの時期は特に人間関係の形成に力を注ぎましょう。看護現場は仕事に使命感を抱えて働いている人が少なくありませんから、熱心に学ぼうとする姿勢が見える新人であるほど先輩や上司は重宝してくれます。

次に、怒られても貪欲に先輩から学ぶ姿勢を大切にしましょう。
忙しい中にチームワークを築くのは一苦労ですが、怒られても貪欲に先輩から技術と知識を習得する姿勢を示す事で周りの人達は信頼してくれられるのです。このような形で看護師の仕事に慣れた際に苦労を感じてしまうのが忙しさです。看護の職場は慢性的な忙しさを抱えている職場も少なくありません。時間に追われるあまり自分の判断能力にミスが生じていると感じた場合、緩やかに働ける仕事場を探すと良いでしょう。病院は「科」の違いや規模によって忙しさが大きく異なります。特に外科や緊急医療の現場は忙しく動き回る事を求められますので注意が必要です。